小笠原流結ぶ/折る・包む

『結ぶ』編と『折る・包む』編の2冊により構成されおり、それぞれ、伝統的な結び方や、折り方、包み方について写真で紹介しています。実際に使っているところの写真や、詳細の写真、また図解もあり、大変見やすい本です。
ご自身の鑑賞用、そして海外の方に日本文化を紹介する本としても最適です。

書籍サイズ:縦27cm X 横19cm X 厚み3cm
ページ数:「結ぶ」80p 「折る・包む」80p


■目 次■

「結ぶ」
総角結(あげまきむすび)、蜻蛉結(とんぼむすび)、武具(ぶぐ)飾りの結び、流鏑馬(やぶさめ)の結び、婚礼式(こんれいしき)の結び、日常の結び、衣装の結び、結びの基本、結ぶということ・基本の結び方、小笠原流の歴史

「折る・包む」
熨斗三方(のしさんぽう)折形、御守・愛敬守包(おんまもり・あいぎょうのまもりつつみ)、婚礼式(こんれいしき)の折形、人生通過儀礼の折形、結納(ゆいのう)の折形、武具(ぶぐ)の折形、折形の基本、折る・包むということ・基本の折り方・包み方、小笠原流の「礼法」「弓術」「弓馬術」
販売価格
4,400円(税込)
購入数